TOP

乳がん検診|大阪市西淀川区の胃大腸内視鏡検査・乳がん検査(マンモグラフィ)

06-6474-0361
検査は、土曜日の午前に行っています。
当日、予約なしで受けていただくことが可能な場合がありますが、学会などで乳腺外来が休診の場合もありますので、お電話で確認の上、ご受診ください。検査は、乳腺専門放射線技師(女性技師)が行います。
検査後、日本乳癌学会専門医、指導医が読影を行い説明いたします。

マンモグラフィーでわかる病気

  • 乳がん
  • 乳腺線維腺腫(良性腫瘍)
  • 乳腺症 など

乳がん検診の流れ

1.問診票の記入
問診表を記載して頂きます。
市の検診を受けられる方は、大阪市乳がん検診の申込書を記入していただきます。
2.診察
診察室にて医師が問診を行なった後、乳房の形に変形がないか、しこりが触れないかを確かめます。また、乳頭からの出血、分泌液に血液が混じっていないか、乳頭の陥没がないかなどを診ます。さらに、がんが転移しやすい、わきの下のリンパ腺や頸部、鎖骨のリンパ腺の様子も併せて触診します。
その後、検査についての詳細を説明いたします。

3.マンモグラフィー検査
当院では最新のマンモグラフィーを導入しており、資格を持った優秀な女性の放射線技師が検査を行います。
乳房を圧迫して、薄く平らにして撮影します。個人差はありますが、多少の痛みをともなう場合がありますが、マンモグラフィー検査中はずっと長い間圧迫しているわけではなく、数秒程度です。

4.超音波検査
診察台に横になり、ゼリ-を塗った乳房に超音波を当て乳房の内部の様子を観察します。超音波検査は全く痛みを伴わない検査です。 数ミリの小さなしこりを見つけたり、しこりの性状が詳しくわかる検査で、検査による圧迫や痛みもなく、放射線を使わないため、妊娠中の方でも安心して受けることができます。但し、がんの初期状態である細かい石灰化は確認することはできません。
5.説明
診察室にて医師が画像を読影しながら説明を行います。