TOP

乳がん|大阪市西淀川区の胃大腸内視鏡検査・乳がん検査(マンモグラフィ)

06-6474-0361

2016年4月23日(土)放送

4/23(土)テレビ番組「おはよう!ドクター」に、乳腺担当の岩本充彦先生が出演しました。

今回のテーマは「増加する乳がん・生存率と最新治療」でした。


乳がんには、2種類のタイプがあります。
  • 乳管から出て、リンパ管や血管に入り込んで転移する性質の「浸潤がん」
  • 転移する性質を持たない「非浸潤がん」

乳がんは、他のがんと比べて 再発・転移しやすいので、毎年の検診で早期発見がとても大事です!

乳がん治療法には 手術療法・放射線療法・薬物療法 があります。

以前は、手術後に行われていた薬物療法ですが、腫瘍の縮小効果・乳房全摘→乳房温存の可能性・薬物効果の判定もしやすい事もあり、最近では手術前にする事も多くなってきています。


薬物療法にも色々なタイプの薬を使う治療法があります。

  • がんの増殖を促す女性ホルモンが働かないようにする治療法をホルモン療法
  • がん細胞の増殖に関する分子(HER2)を狙い撃ちにする薬を使った治療法を分子標的薬療法
  • 抗がん剤でがん細胞の増殖を抑える治療法を化学療法
がんの特性に合わせて、タイプに合った薬を使い分けて治療することにより、治療成績が向上しています。

2015年の乳がん患者数はおよそ8万9千人。日本人女性の12人に1人が向き合うことになります。